ちょっと高級な革靴を購入すると、
靴底がゴムではなく、レザーソールだったりするんですよね。

この革靴は海外のサイトで個人輸入して、2万弱で購入した革靴。

このレザーソールがかぴかぴに乾いてきたので、
今日はそのレザーソール(革底)をお手入れしていきます。

レザーソール(革底)のお手入れ方法

  1. 靴底のブラッシング(砂、土、小石を落とす)
  2. 保湿クリームを塗りたくる

以上!

本当はクリームを塗って磨いたりするんですが、
私が今回した方法は汚れを落としてクリームで保湿するだけ。

ブラシで靴底の泥・砂・小石を落とす

leather-sole02

ブラシがなければ布きれでも問題ありません。

色々付着している土埃や砂、小石を払い落としましょう。

 

日常的なレザーソールのお手入れとしてはこれだけでOKですが、

時々レザーソールには保湿クリームを塗ってあげましょう。

これをしないと、レザーソールが短命で終わってしまいます。

少し時間があればいいので、ぱぱっとやってしまいましょう。

靴底に本革用の保湿クリームを塗る

布切れに保湿クリームを少し垂らします。

そしてレザーソールに塗っていくと、全体的に色が変わります。

leather-sole03

こんな感じです。

 

保湿クリームはオートグリムのレザー・ケア・バームを塗っていますが、

ミンクオイル等でも可能です。

ただ、ミンクオイルの場合はあまり塗ってしまうと、

歩いているときに滑ってしまうので注意が必要です。

 

最後に布きれ(雑巾)で拭きあげて擦ってあげましょう。

しっとりしたレザーソールが蘇るはずです。

 

このレザー・ケア・バームは非常に万能で、

大抵の本革製品に使えますし、

なんといっても英国王室御用達ですから。

本革製品が大好きでいっぱい持っている人は、

一本必ず常備しておきたいですね。

AUTOGLYM(オートグリム) レザー・ケア・バーム【正規輸入品】

新品価格
¥2,630から
(2016/2/27 23:55時点)

スポンサーリンク